~評価・分析について~

●生活動作上の課題や環境を調査

●これまでのリハビリテーションの歴史

●心身機能の状態の把握と可能性の分析

●生活の困りごとや要望を収集

●食習慣を調査(必要に応じて)

 

上記を把握したうえで、身体/認知機能面における最大能力を評価させていただき、心身機能・環境の面から予後を予測いたします。また担当ケアマネージャーに福祉用具や住宅環境整備の提案もさせていただきます。(随時)

 

姿勢改善/運動制御

機能サポートインソールの作成

○理学療法士による運動分析

療法士の視覚と触覚により、姿勢・運動制御に基づいて動きがどのように効率的に関連しているかを考察します。運動・感覚・知覚・認知の側面から、継続的にどのような回復が可能かの潜在能力を識別し、ニーズに則した個々の活動を設定していきます。


○Postural Mirror(姿勢測定鏡)

前面、後面、上方、側面から立位姿勢を客観的に確認し、動作の不具合となっている原因やアプローチ部位を分析します。またリハビリトレーニングの改善度や変化率を比較することに役立てます。 

 

 


○フットバランス

(体バランス測定システム)

足型や揺れの特徴を自動判別し、静的評価から動的・歩行評価まで多機能を評価できます。分析データの判定結果を転倒予防、腰痛や膝関節痛の改善、パフォーマンスの向上につながる運動プログラムの指針とします。


○体組成計(TANITA製 BC-108)

右腕・左腕・右足・左足・体幹部の各部位ごとの体脂肪率・筋肉量が測定できるほか、全身の体組成と、それに基づく基礎代謝や内臓脂肪レベルが産出可能です。

日々のリハビリ・トレーニングの効果を客観的に把握していきます。


○床面の利用

床上動作は、上・下肢を連結する体幹の動きの要素を確認し、また養うために非常に程よい動作です。積極的に運動能力の評価とトレーニングに利用します。

この床面では、天井から伸びるRed Cordを活用し動作学習のポイントやトレーニングに応用しています。

 


これらの評価から得られる情報を統合し、生活環境と身体の使い方に繋がりがでるように、動作の改善を目指した運動プログラムを立案していきます。 

 

 

HOME

理学療法士がリハビリテーションのことを真剣に考え取り組むスペースです。

三重県鈴鹿市稲生5549-2

TEL: 059(395)6090

FAX: 059(395)6089

MAIL: requalian@gmail.com

REQUALIA Co.,Ltd.